×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顎関節症 治療

顎関節症の症状

顎関節症になったことがない人にとってはどのような症状になるのか疑問に思っている人も多いと思います。顎関節症の症状としては、どのようなものがあるのか考えてみましょう。顎関節症の症状としては、まず、一番多いものとして挙げられるのが、アゴの痛みです。

 

普通に噛んだり、口を開閉したりするだけで顎が痛んだりします。次に、口を開閉する時に、「カクン」と言った音や「シャリシャリ」「ミシミシ」といった音がする場合もあります。音はするけれど、痛みがない場合も多く、顎関節症であることに気付いていない人も多くいます。

 

ただ、顎関節症であっても痛みがないのであれば、特に治療は必要ないことが多いようです。もし、口を大きく開くことができないという症状があるのであれば、顎関節症を疑った方がいいでしょう。

 

顎関節症の症状には、徐々に口が開かなくなるケースもあれば、突然、口が開かなくなったというケースもあります。これとは逆に、口を閉じることができない場合もあります。他にも歯のずれや、噛み合わせに違和感を感じる場合もあったり、あごの歪みや顔の歪みがみられるようになる場合もあります

 

顎関節症に関しては部分によって症状が違うというよりも、人によって症状が違います。また、顎関節症が引き金になって、様々な全身症状を引き起こす場合も少なくないので注意しなければいけません。

 

顎関節症が元で引き起こってしまう他の症状として代表的なものに肩凝りがあります。肩凝りには、あごや首の筋肉も深く関係していると言われているので既に知っているという人も多くいると思います。

 

さらに、顎関節症は頭痛や自律神経の乱れ、不眠などに繋がったりすることもありますし、耳の痛みや耳鳴り、めまい、目の疲れ、歯の痛みを感じることもあるので注意しなければいけません。

 

また、直接あごに痛みを感じるだけでなく、あごの周辺に痛みを感じる場合もあるでしょう。食べ物を飲み込みにくく感じたり、話しにくかったりするのも、顎関節症の症状としてよく起こりがちです。顎関節症の症状というのは、単にあごやその周辺だけに限定されるのではなく、様々なものがあります。


顎関節症になる原因

顎関節症に悩んでいる人にとってその原因が何なのかは知りたいところですよね。ここでは顎関節症が起こる原因について、詳しくご紹介していきますので参考にしてください。

 

この顎関節症とは、口を開けたり閉めたりする時に、痛みを感じたり「カクン」というような音のする病気の事を言います。顎関節症の症状があまりに酷い状況になってしますと、口が開かなくなることになったり、生活に支障をきたしてしまうことも多くなってしまいます

 

顎関節症の原因なのですが、一昔前では歯の噛み合わせの悪さによるものといわれていました。しかし、、最近では、噛み合わせだけが原因ではなく、他にも色々な要因が重なって起こってくるという事が言われるようになってきました。

 

例を挙げると、物を食べる時に片側でばかり噛んだりすることや、歯ぎしりをしたり、うつぶせで寝たり、姿勢が悪い状態でいること、寝る姿勢や普段の癖などが原因と言われています。

 

このような生活習慣の癖によることも顎関節症の原因となるとわかってきました。要は、片方の顎にだけ負担を掛けるといった癖を行うことが、顎関節症になりやすいといえるようです。

 

また、ストレスを受けることでも顎関節症になるといわれています。これはストレスを受けることで筋肉が緊張することが原因になってしまうようです。もし、このような原因に思い当たる節のある人は、できるだけ早めに顎関節症を改善できるように、普段の癖を原因を取り除くようにしましょう。

 

殆どの場合は、癖というのは無意識のうちに行っているものなので、直ぐに原因を取り除くというのは難しいとは思いますが、しかしながら、少しずつでも顎への負担を減らすようにしていく必要があります

 

また、生活習慣が原因でなくても、殴られる・ぶつけるなどといった外部からの強い衝撃が原因で顎関節症になることもあります。リウマチや多発性の関節炎といった病気から顎関節を発症する場合もあります。顎関節症の原因は本当に様々な原因が考えられますが、本人の生活習慣の改善で防げることも少なくはありません。